守護神がヘルメスの人

守護神の加護

ヘルメスの加護を受けた冒険者さんはとにかく頭の回転は速いし、口が立ちます。お喋り自体が大好きなのか常に賑やかで人を楽しませようとするのです。努力よりも策略で目的を達成するタイプなので、これ以上手が思いつかないと冒険に行き詰った時は心強い力となるでしょう。最小限の被害でいかに事を収めるかを重点的に考えているのです。そのせいか本当は伴侶を大切にするヘルメスなのに女遊びが好きだったと言う話が沢山あります。それはゼウスの威厳を保つ為にすばやく機転を効かせた嘘の代償だったのか、それとも普通にゼウス並の女好きだったのかは定かではありません。


守護神の与える試練

ヘルメスが守護神の人はとにかくよく喋ります。空気は読めるはずなのに何かしらお話していないと落ち着かない冒険者さんは多いでしょう。だからこそ気をつけて欲しいのが口は災いの元。愚痴の中で重要機密をもらさないようにしましょう。無意識に秘密を暴露してしまうことがあります。


エピソード(神話)

   ヘルメスの賢さはあの愛人の子を許さないヘラに情を持たせるほど抜きん出ています。賢いヘルメスは生まれてすぐヘラの子供と入れ替わって彼女の乳を飲み、生まれて数日でアポロンの飼っていた牛を後ろ向きで歩かせ盗みます。二つとも直ぐにバレましたがヘラには可愛がられ、アポロンには「自分の作り出した楽器と牛を交換してよ」と交渉します。アポロンもその楽器が気に入り交渉に応じます。この交渉力はゼウスも一目置いており、交渉ごとが発生すると公私を問わずといつもヘルメスを遣わします。ヘラをなだめることが出来たヘルメスはゼウスにとっては力強い味方だったことでしょう。

戻る
HOME

他のキャラ・守護神を見る
キャラを調べる
運勢を調べる
相性を見る