TOPに戻る

族性

族性とは「生まれた日の五源陰陽」に年・月の五源陰陽と
生年月日に宿る守護神を構成する五源陰陽との
関係性をRPGではお馴染みの種族に例えた要素です。

生まれた年の五源陰陽…親との関係
生まれた年の守護神の持つ五源陰陽…友人や兄弟・姉妹との関係

生まれた月の五源陰陽…子供との関係
生まれた月の守護神の持つ五源陰陽…自分の持つ要素

生まれた日の守護神の持つ五源陰陽…好きなタイプなどの趣向

それぞれ場所に出てきた族性はバランス良く配置されていれば
好き嫌いがほとんどなく人間関係も上手くやっていけるバランス型。

大体の人がどこかに偏っており、偏った要素により
要らぬ苦労を抱えてしまっている人が大変多く感じます。

年齢を重ね経験していくと知らずとも対処の仕方が出来てきますが
悪循環が多い方にこそ対処法を知って頂ければ
イバラの道の棘を少しは避けることができるのではないかな?と思います。

基本になる族性  

体力

強い仲間意識を持つ。競う事でより成長するタイプ。
相続よりも起業する方が肌に合っていると言えます。
気分の浮き沈みで態度が変わる傾向が強いです。
ここをコントロール出来ることがキーワードになります。

大きな存在感と粘り強さが持ち味。ちょっと強引なのが玉に瑕。
イバラの道をぐいぐい進んでいける体力はあるのですが
細かい事が苦手なので、そのため適当になりがち。
時期を決めて苦手なこともやるようにする癖をつけるのが大切。

芸術

食べることと楽しいことが大好き!大らかな感性の持ち主です。
好き嫌いが出やすい人が多く、その点でチャンスを逃しがち。
基本楽観的なので続けることがとにかく苦手。
芸術や料理の才能が開花するまでやり続けることをお勧めします。

独自のこだわりを持つアーティストタイプ。
何をやらせても器用にこなし、頭も口もとにかく働く人です。
自由を愛する部分があるので束縛と感じるとかんしゃくを起こすことも。
オンリーワンでいられる場所を手に入れることが課題と言えます。

協力

サービス精神旺盛な商売人。
人とお金の集まるところにこの小人族さんがいます。
現実的な思考を持っており、常に計算して行動をしているのです。
人情を欠くことがなければ比較的安定した生活を送ります。

コツコツ努力を積み重ねるのが得意で誠実を絵に描いたような人物。
安全で誠実さを第一としており、基本はとても善良な人です。
ストレスを溜めこみやすいので発散の方法が重要ポイント。
相手に合わせられる人間族ならではの悩みかもしれません。

正義

経過より結果重視な破天荒。弱い者は助け、強い者と敵対します。
世話になった人への忠義が強いため、尽くす相手を間違うと
あっさり悪の道に踏み入れるタイプです。気を付けてください。
しかし、自分の意志で続けるのが苦手。飽きっぽさの改善が要です。

生真面目でキッチリしていてグループ内ではルールブック的存在。
見た目も清楚で頼りになる感じがにじみ出てきます。
細かい約束も破る事を許さない!そういう部分が強いと孤立しがち。
人付き合いで寛容さを見せられるかどうか?がポイントです。

探求

みんなの人気者。人気商売で成功を掴む人が多いです。
妖精族さんは同じところでじっと同じことをし続けるのが大の苦手。
好奇心の塊なのでそれを活かせる場所を見つけるとよいでしょう。
理解者ととことん接していくのも妖精さんには大事かもしれません。

温厚な性格で興味を持ったことはトコトン学ぶ知性派。
とても保守的でまずは考えるタイプなのに騙されやすいです。
競争という概念はないので、勝負になってもマイペース。
優しさを活かす慈善事業も向いていますが、研究もおススメです。


主族性

世界観には主となる種族が必ずいます。
それは生まれ月の自分の下に書かれた種族のいずれかです。

まずは下の表で1に該当する人は獣人族
2に該当する人は巨人族がいわゆる「族長」と言う感じになります。

日の五源陰陽

生まれ月の運命数1  生まれた月の運命数2

02・14・26・38・50  03・15・27・39・51

03・15・27・39・51  

04・16・28・40・52 05・17・29・41・53 

05・17・29・41・53  

06・18・30・42・54 07・19・31・43・55 

07・19・31・43・55  

08・20・32・44・56  09・21・33・45・57

09・21・33・45・57  

10・22・34・46・58 11・23・35・47・59 

11・23・35・47・59  


ぶっちゃけ、上の表に該当しない人が大半でしょう。

次に、親か子の所に自分にある種族と同じ特性を持つ種族はいませんか?
自分の所に精霊があって親か子に精霊と同じ芸術に属する魔族があれば
世界観を牽引するのは精霊になります。

該当するものがないよ〜っていう時は一番右に書いてある種族が
おそらくリーダー格になってくると思います。
ただ、絶対的な感じではなく一応リーダーとして君臨する感じですかね(^^;

希少族性

世界観の偏りがある人は自分の世界を主に引っ張る族性に
希少族性が関わる場合があります。

世界観において主導族性はその人の方針を決める目安です。

条件を満たすと無敵状態になる
スーパーマリオ○ラザーズの「スター」とった状態。
そんな感じなので、使う使わないはその人次第ですね(^^;
※マリオわからない人は周りの人に聞いてみてね♪

偏りが多い人にだけ裏ワザとして準備された特典ですから
意識して目指すのを個人的にはおススメしたいです。

希少族性  
世界観に獣人族・巨人族が合わせて5つ以上ある人
身内に助けられてマイペースに頑張る事で開運するタイプ。
世界観に妖精族・神族が合わせて5つ以上ある人
知的なことに惹かれ、学ぶ事で運命を開く。
世界観に精霊族・魔族が合わせて5つ以上ある人
感性の鋭い者に縁があるので、感性を活かすことで活躍。
世界観に小人族・人間族が合わせて5つ以上ある人
サービス業や金融業など人や財に関する仕事が良い。
世界観に悪魔族・天使族が合わせて5つ以上ある人
地位や役職に就いて組織に所属することで安定する。
世界観が精霊族・魔族・小人族・人間族・悪魔族・天使族で構成される人
人の運や勢いの乗る事で大きく開運する。

戻る